トップページ
礼拝のしおり
これから(活動予告)
聖書短編(小メッセージ)
牧師紹介
あくせす
教会のブログ

  はじめに



 京北(きょうほく)教会ホームページへ、ようこそ!  

 皆様が今日、このホームページをご覧になったことが、
 神様の導きの中で豊かな意味を持ちますようにと願います。

 私たちは、今日という一日を、神様の光のもとで歩んでいます。

 そして皆様から訪れていただくこと、ご連絡いただくことに、
 夢をもっています。

 みなさまを、心からお待ちしております。
 この、穏やかな日だまりのような教会において、
 主イエス・キリストと共に。

              京北教会ホームページ委員会   

      2011年 3月25日 教会創立102周年記念の日
              ホームページ開設にあたって

教会全景


        「天は主のもの、地は人への賜物。」
                詩編115編16節

  「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」
                ヨハネによる福音書 3章 16節

   「勇気を出しなさい。わたしは、すでに世に勝っている。」
                ヨハネによる福音書 16章 33節


日本キリスト教団  京 北 教 会 

〒606-0835 京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3

電話/FAX 075-781-1217


(注)京北教会の「京北」は「きょうほく」と読みます。
京都市内の下鴨で、北山通のやや南にあります。
地下鉄「北山」駅から徒歩8分。

  






      京北教会の、概要、歴史、礼拝堂のご案内をいたします。


礼拝堂内部(オルガン)

 わたしたちの教会は、毎週日曜日の午前10時半から、11時半頃まで、「聖日礼拝」をいたします。

 (礼拝の内容については、このホームページ内の「礼拝のしおり」のページをご覧ください)

 この教会は、京都市左京区の下鴨、静かな住宅地の中にある、歴史の古い教会です。ただ神様に導かれた船をこぐようにして、みんなで力を合わせて、歩んできました。

 ここは、みんなの教会です。毎週の礼拝のあとには、すぐ帰る人は帰るし、残る人は残って集会室でお茶をいただいて自由におしゃべり。

 月に一度は礼拝後に「お茶と祈りのとき」を持って、おりおりの課題などについて、みんなで祈りを合わせます。

 そんな、あたたかで、気楽で、互いを大事にしあう教会です。
 現在の
礼拝出席は毎週20〜40数名といったところ。
 地元の下鴨、北山だけでなく様々な所から来られます。

 この教会では、誰からも何も強いられることはなく、一人ひとりが自由に自分の考え方を持って、教会に関わっています。

 そして、一人また一人と新しい方を迎えて、ゆっくりと着実に歩んでいます。

 仕事の場でも、家庭生活の場でも、人間関係の場でも、一番大切なものは「信頼関係」ではないでしょうか。そのことは、神様と人間という関係の中でも同じです。

 神様への礼拝は、神様が主イエス・キリストを通じて与えてくださった「信頼関係」に基づいたものです。この「信頼関係」が人を育み、成長させます。ゆっくりと、ゆっくりと…。

 皆様とともに、これからも私たちは、この京北教会で互いの信仰を育てあって歩みます。どうぞいらしてください。共に歩みましょう。


教会全景

★年間行事には、イースター、クリスマスなどの特別な礼拝があり、また、秋にはバザーなどがあります。

★礼拝は子どもと共にしています。ご遠慮なく小さな子ども連れでいらしてください。礼拝堂に面した親子室もあり、利用希望の方に使っていただいています。

★道路から玄関までの段差は大きいものではなく、また手すりをつけています。そして玄関と礼拝堂・集会室は直接つながっていますので、玄関に入ってから建物内の移動が少なくてすみます。車イスをご利用の方、心身等のことで何か考慮事項がある方(つまり、全ての人)に安心して来ていただける教会を志しています。

★日曜日の礼拝に来ることが難しい方が多いことを承知しています。平日に教会で聖書を読む機会を持つことができます。ご遠慮なく教会に声をかけてください。



 教 会 の 歩 み
 (1909年烏丸五条に創立〜1941年下鴨に移転〜現在)

     記念の集合写真    記念文集 表紙

 教会の「創立記念日」は、1909年3月25日。この日は教会に定住する伝道者が初めて決定した日です。

 京北教会の発端は、19世紀にアメリカから神戸に伝わった、伝統あるメソジスト(プロテスタント教会の一つ)教会の伝道によって京都に1901年に設けられた「五条講義所」です。


 講義所は成長を遂げ、1924年に京都市下京区の烏丸五条近くに「京南(きょうなん)教会」を設立しました。そして、念願の教会堂を建てました。このときには幼児園(保育園)も併設していました。

 その後、新たな地での伝道の進展を願って、京都の下鴨に1941年に移転。このときに「京北(きょうほく)教会」と名前を変えました。そのときに、全国の諸教会が集まって結成した合同教会としての「日本基督(キリスト)教団」に加盟して現在に至っています。これは日本でもっとも大きなプロテスタント(新教)の教会グループです。その京都教区に京北教会は属しています。

 礼拝堂は、1941年に現在地に移転して新築した会堂を、各種の整備を加えながら、ずっと使用しています。
(1924年築の京南教会の建物の一部を、移転新築の際に用いたと思われますが、詳細は不明)

 創立100周年を迎えた2009年には、記念礼拝とお祝い会を行い、また記念文集を作成しました。(上の写真)

 

 (追記)
 京北教会の歴史について、昔の教会の写真などを含めて、
ブログに少し記したものがあります。よろしければ、以下のアドレスをクリックして御覧ください。
 http://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/15266113.html

 また、京北教会の前身の「京南教会」時代の建物や保育園の様子など貴重な写真を、ブログに掲載しました。よろしければ、以下のアドレスをクリックして御覧ください。
 http://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/15291086.html
          


    礼 拝 堂
(1941年移転新築)


礼拝堂内部 やや斜めから

講壇の十字架
漆喰レリーフ
柱と十字架
柱レリーフ
講壇レリーフ
聖餐卓

       <礼拝堂の特徴> (上記の写真)

 (1) 講壇背後の壁中央に、
  鐘の形の木彫り装飾板。
  (十字架は近年の設置)

 (2) (1)とその下部の壁に、
  キリストの「いばらの冠」の意匠の木彫り。

 (3) 講壇両脇の二本の柱の上部に、
  天然の神の恵みを表すいちじくの木彫り。

 (4) 講壇両脇の白壁に、
  ギリシャ風の繊細な彫り込み。

 (5) 聖餐卓に「我を憶(おぼえ)よ」と、
  聖餐式の意義を示す文字の彫り。

  この聖餐卓は1924年建築時に寄贈され、
  ずっと使われてきました。

 京都の伝統的な木工技術等を内装に活かして、聖書的信仰を美しく表現している礼拝堂です。

 当初1924年に烏丸五条に建築されたときの礼拝堂には、いばらの意匠の木彫りはありませんでした。

 その後1941年に下鴨に会堂を移転新築して礼拝堂内部も新装されたときに、木彫りが設置されたようです。

 この礼拝堂は、内装の意匠の由来や設計者は現在わかりません。しかし、各所の木工や全体の雰囲気には、西洋の教会建築の様式を移植しただけではない京都的な「和」の感覚があるように思えないでしょうか。

 それは、1924年に当初の礼拝堂が建てられた烏丸五条の地が、京都有数の大寺院の並ぶ仏教文化豊かな地域であり、そこで教会に集っていた人たちの感性が、下鴨での礼拝堂移築(解体再建築)にあたっても発揮されたからかもしれません。

 
いわば「京都人の信仰」から生まれた、この礼拝堂の持つ懐の広さと暖かみ、そして誠実を、皆様が受けとめてくださいますように…。




このページのトップに戻る