トップページ
はじめに
礼拝のしおり
これから
聖書短編
アクセス
ブログ

  牧師紹介


Macとツリー 講壇(縦)

今井牧師


 「私の信条」 2012年4月30日記

  
京北教会の牧師としての、
 私の信条について、
 考えてみたことを、
 ここに記します。

  私は、ある日、
 「自分は、どんな教会、
  どんなキリスト教信仰を、
  心から求めているのか?」
  …と、考えてみました。

  しかし…。
  う〜ん…、なんともいえん…。

  なかなか答えは出ないのですが、
  ふっと思ったのは、
  私は「普通のキリスト教」、
  「普通の教会」がいい、
  そう思っているということです。

  「何々主義の〜」とか、
  「何々派の〜」とか、
  「何々に重点を置いた〜」とか、
  そういう前置きのついたものとか、
  「これぞ本物のキリスト教!」
   ……と力説する、
  力のこもった、何かの教えや主張、
  これらは、私は、少し苦手気味です。

  (もちろん、それらを学ぶこと、
  実践に活かすことは、
  大切だと思っています)

  私は、そういう特別な何か、
  ではなくて、
  普通がいいのです。

  けれども、次に考えてみると、
 「普通のキリスト教」とか、
 「普通の教会」とは、
  いったい、
  どんなものなのでしょうか? 

  これまた、言い表すのが難しいことです。
  なぜなら、普通とは何か、ということの、
  定義が難しいのです。
 
  では、結局、私は、
  どう言い表したらいいのでしょう。
  途方にくれてしまいました。

  けれども、あるとき、
  ふっと、わかりました。

  私は、何かを定義した形での、
  「普通のキリスト教」や、
  「普通の教会」が、
  好きなのではなくて…、

  「人としての普通の感覚の中に、
   深い意味を感じることのできる」
  …ような、キリスト教、
  また教会が好きなのです。

  ただただ、私は、教会において、
  キリスト教信仰において、
  人が生きることの悲しみや苦しみ、
  そして喜びや楽しみをも──

  毎日の営みの中で包みこんでくれる、
  人としての普通の日常を求めています。
  
  普通、という、かけがえのない、
  平凡な、ささやかな、ものを、
  私は、キリスト教に対して、
  教会に対して、願っています。
  
  そのことを私は自分の信条とします。
  人に押しつけるつもりは、ありません。

        京北教会 牧師  今井牧夫 

 1965年生。同志社大学神学部を卒業以降、
 神戸、愛媛、岡山において教会教師を歴任。

 この間、教会幼稚園長、短大非常勤講師、
 高校臨時講師、社会福祉法人理事など歴任。

 2006年 4月から、教会教師を続けながら、
 同志社大学神学部大学院に社会人入学、
 組織神学(宣教論)を専攻して、
 修士課程を修了。

 2008年 4月に、京北教会牧師に就任。
 現在に至る。

 メールアドレス 
 a-ri-ga-to-u※chic.ocn.ne.jp

 (上記のアドレス表示では、
  迷惑メール防止のために、
  本当は「@」の所を「※」に代えています。
  実際に使われるときは、
  上記アドレスの「※」を「@」 に、
  置き代えてご使用ください)

 

今井牧師





 以下は、牧師紹介と直接関係がありませんが、2017年6月18日付の教会ブログとリンクして、
 資料を表示するための画像で、教会修養会のレジュメです。
以下のレジュメ画像を、

資料1
資料2

 

 

 


 

このページのトップに戻る